株式会社リアルターソリューションズ

代表取締役 加賀爪宏介様

2006年にリフォーム会社不動産仲介事業の立ち上げ時にスタッフとして入社。不動産仲介からリフォーム事業・新築事業を展開、店長、課長、事業部長、常務取締役を歴任し、2012年10月に会社の経営を譲り受け、代表取締役に就任。「不動産・建築業界をサービス業に」を目標に、顧客目線の営業に取り組む。
2014年より建築の現場管理システムを販売・運営する株式会社ダンドリワークスを創業し、住宅・建築業界の課題を解決する総合コンサルタントとして奮闘中。趣味はゴルフとバイク。

株式会社リアルターソリューションズ

専務取締役 内山義之様

新卒で不動産仲介会社に入社。営業、店長、管理部長を歴任し、2011年リアルターソリューションズ立ち上げに参加。
不動産・住宅コンサルティング業は6年目、不動産・建築業界歴は11年目。
顧客が求めるサービスを提供する営業マンを教育すべく全国各地で奮闘中!
徹底的にあなたの会社に成功ノウハウを根付かせます!!!
趣味はスポーツ観戦と文房具収集。愛読書はキングダムです!

お二人が住まいづくりを提案していく上で心掛けている事は「住まいの事を全てトータルで提案していくことが出来る」トータルプランナーであること。
お客様の住まいの悩みは実際に話を聞いてみないと何をもって解決する事が出来るかは分かりません。建て替えたい!とお客様が仰ってもそれが正解ではないかもしれない訳です。しかし、扱っている商品が一つに絞られてしまっている場合、例えその商品がお客様にとって間違った選択だとしても、売る側はそれ以外の選択肢を取る事はできませんし、お客様も選ぶ事が出来ません。
だからこそ「リフォーム」「不動産」「新築」という三本柱で、お客様の住まいの悩みに関してどういう風に解決していこうか?と考えながら、お客様が住まいにかかわることなら、なんでも相談できるような関係構築を重視しているのです。

株式会社GIエステート(神奈川県厚木市)

代表取締役 都築博志 様 / マネジャー 北原裕太 様

「不動産事業とは何か?お客様とは何か?加賀爪ノウハウで粗利が4倍になった!」

当社は太陽光やオール電化事業をメイン事業にしており、テレアポなどで集客している事業形態でした。ただ、将来的なビジョンを考えるともう一つ事業の柱が必要なのではないか、と考え不動産事業を始めたのです。しかしながら、中々スタッフが戦力化しないなど業務全体の効率化を課題と感じている時に、あるイベントでお会いしたのが加賀爪社長でした。
加賀爪社長からは営業方法や意識だけでなく、店舗に対する全体的なアドバイスを頂いており、新店舗オープンの時には外観や内装、実務のフローなど色々な側面で「加賀爪ノウハウ」が凝縮されていました。またリフォーム事業と不動産事業の融合に関しても一緒に構築して頂きましたね。その結果、不動産顧客からリフォームの案件を漏れなく受注できるようになったりと、顧客に対して多角的な提案が出来るようになった事が業績UPの一番の決め手でした。
一番びっくりしたのは粗利が4倍になった事です。いかに今まで自分達が効率悪かったのか…と実感しましたし、アドバイスを頂いて本当に良かったと感じています。
今後は不動産・新築・リフォーム・保険、これら四位一体のワンストップサービスで店舗日本一を狙っていきたいですね!新規店舗出店も順調に進んでいるので、各店舗が地域No.1になる為には常に「加賀爪ノウハウ」の実施が絶対ですね。

エネチタホームエコ(愛知県知多郡)

代表取締役 山本英弘 様

「お客様との関係を変えた結果、売上倍増しました!」

元々リフォーム事業では地域に密着して行っており地域内での知名度には自信があったので、不動産事業部を始めた時もチラシからの集客は出来ていました。しかし、折角お客様が来てもヒアリングで終わってしまい、契約に結びつける事が出来ず売上に繋がらないという課題が…そんな時にご縁があり、知人から加賀爪社長をご紹介頂きました。元々不動産事業は未経験でスタートしていた為、聴くお話は目から鱗でしたね。
加賀爪社長のノウハウは、お客様との関係性を根本的に見直す所から考えさせられるもので社内全体の考え方はもちろん、業務フローに関しても見直しました。すると、新卒も含めてお客様に次回のアポイントが取れるようになってきたのです。そうすると必然的に成果が出るようになり、営業全体もモチベーションが上がり良いサイクルに繋がっています。成果が上がる仕組みが構築出来た事で、新人も採用し、組織の骨組みもしっかりした点は本当に良かったと思います。

結果、月の契約件数は倍増し、売上も1.7倍にUP!それだけでも驚きと感動だったにも関わらず、今まで全く獲得出来ていなかった土地と新築のセット売りやワンストップリフォーム等も受注できるようになり、リフォームの売上も上がったので、全体で見ると売上も2倍以上になっているかもしれません!
加賀爪社長は褒め上手なので(笑)、こちらも「よし!頑張るぞ!」と思わせてくれる方ですし、そのマネジメント力も組織作りにおいて参考にさせて頂いています。

カスケホーム(株)安藤嘉助商店(岡山県倉敷市)

不動産事業部店長 内海弥久 様

「年間売上、契約数約118%UP!意識が変われば行動が変わる事を実感出来ました!」

当社は創業明治16年と130年以上の歴史の中でお客様に育てられて大きくなってきた会社です。メインの事業はリフォームですが、お客様の声もあり不動産事業部を始めました。ところが一向に集客が上手くいかず売上も安定せず、何より当社の強みでもあるリフォーム事業部との連携も取れていませんでした。集客の仕組みがなく営業の提案レベルにばらつきがあるという問題点は分かっていましたが、どうやって解決したらいいか…そんな時に出会ったのが加賀爪社長でした。たまたま参加したビジネス研究会で今後の建築・不動産業のビジネスモデルについてお話頂いた時、まさに当社が今抱える悩みに対しての解決策になるんじゃないか?そう思った事がきっかけで加賀爪社長にレクチャー頂く事を決めました。
不動産客の捉え方に対するレクチャーはもちろん、顧客管理ソフトにて情報を共有し、各営業の行動についてアドバイスを頂くなど、考え方の根底から改善していった所、売上の見込が徐々に立つようになり、個々で行動していた社員が自然とチームで行動するようになっていったのです。チームプレーが出来るようになった事で、お客様へご提案する内容のアイディアも出し合うような光景が見られるようになり、当社の課題であった営業の提案レベルに対するばらつきが段々と統一されてきた事が一番大きな変化だと思います。
その結果は売上にも反映され、不動産事業部の年間売上はは5,300万円から6,000万円になりました!最も実感出来たのは、中古+リフォーム契約件数が以前は30件前後だったのに対し、今ではコンスタントに50件も獲得出来るようになった事ですね。
当社の住宅ワンストップサービスが地域の方々へも認知されてきたのは加賀爪社長のレクチャーがあってこそ。「アドバイス→実践→修正」を根気強く一緒に繰り返して頂いた姿勢はノウハウ以外にも沢山学ばせて頂いたと思います!

Q 今はリフォーム事業のみで不動産の知識はないのですが内容は理解できますか?
A 加賀爪社長も内山専務も元々リフォーム事業を専門にやっており、お客様のニーズにこたえる為に不動産事業を始められたのがきっかけになっています。例え現時点で不動産の専門的な知識がなくても出来るようなノウハウを教えて頂けるような構成になっていますので、ご安心下さい。また、不明点等は直接質問できるような機会を今後作っていく予定です!
Q 小さな工務店で何か新しく始める予定は考えてないのですが、聞く意味はありますか?
A 今回の「不動産事業参入の極意」は必ずしも不動産事業を始める方だけを対象にしている番組ではありません。住宅・リフォーム業界が年々厳しい状況になっていく中で、どういう風に考えればお客様の心を掴む事が出来るのか?という点について根本的に大切な事を番組内でお話頂いているので、今ご自身の会社や経営に対して何かしら思う部分があれば是非ご視聴頂き、何かのきっかけにして頂きたいと考えております。